DIARY

【自園のコンテンツを集約する”lit.link”】

Posted by Nonaka

 

自園の魅力を発信する便利なツールが増えています。

保護者や学生にとって信頼性の高い情報源となる
公式ホームページやリクルートサイト、
InstagramやTwitterなどの日常を発信する投稿アプリ、
獲得名簿との関係性構築に効果的なLINE公式アカウント、
動画コンテンツをストックできるYouTubeチャンネル、
そのほかにも、広告からの誘導先になるランディングページなど…

様々なページを活用しながら、
園に関する情報を発信されていることと思います。

このようなツールを活用する中で忘れてはならないのが、
ページに至るまでの「導線」です。

せっかく発信していても、
見つけてもらえなければ意味の無いものになってしまいます。
 

そこで今回ご紹介したいのが「lit.link」という、
簡単で便利なリンクまとめページです。

このページを活用する主なメリットを3つ解説いたします。 

① 各ツールのリンクを一つのページに集約できる。

情報過多の時代、沢山のコンテンツがあっても
どこから見られるのか分かりづらいと
保護者や学生は迷ってしまいます。

Adobeによるデジタルコンテンツの意識調査によると、
「コンテンツを探している際に、もっともイライラしてしまうこと」の上位に、
コンテンツを見つけるまでにページやスクリーンを沢山見る必要がある」
という回答が挙がっています。

 
p1.png
ネット上の交通整理を行い、
コンテンツに辿り着いてもらうための
導線を分かりやすくする必要があります。

下記のlit.linkサンプルぺージをご覧下さい。
このようにSNSやページなどのリンクを設置できますので、
このページから自分が見たいページにアクセスできます。

動画コンテンツはそのまま埋め込みができるので、
ページ内で園への関心を高めることもできます。

▼lit.linkサンプルページ
https://lit.link/gclipno

②Instagramとの相性が良い


Instagramのプロフィール画面は、

一つのURLしか設置することができません。 

Instagramで繋がった保護者や学生を
誘導するページは限られてしまいます。 

そこでlit.linkをプロフィール画面に設置することで、
相手が欲しい情報にすぐにアクセスしてもらうことが可能です。

Instagramの利用率は、
10代 63.4%、20代 64%、30代 48.6%となっており
若年層の利用率が高い状況にあります。(2022年3月時点)

Instagram上で繋がったユーザーに
より自園に興味を持ってもらうためにも、
各コンテンツへの誘導を強化していきましょう。

③lit.linkのページ編集が簡単


lit.linkは、無料で誰でも簡単に利用することができます。

以下のページから、アカウント登録をすると
すぐに編集することが可能です。

【lit.link登録ぺージ】
https://lit.link/

既存のデザインも充実していますが、
より自園らしくオリジナル性を高めたい場合は
背景画像やリンク画像の設定もできます。 

専門的な知識がなくても、直感的に操作できる
分かりやすい編集画面となっています。
 

4月は、今年度の園児募集や採用活動に向けて、早期に仕掛ける時期です。
SNSやぺージなどのコンテンツを沢山お持ちの園に
特におススメの「lit.link」、ぜひ挑戦してみてください!