DIARY

【 職人の仕事 】

【 GCLP Terraceを仕上げる 】 Posted by Shidara

 

GCLIPでは、会員さん向けに4本の勉強会を開催しています。
各勉強会年間6回~8回ずつ開催しているので、
ここのところ開催場所と日程に頭を悩ませていたので、
新たに“坂の上”にGCLIP Terraceを開設することにしました。

今回も内装はGCLIPを手掛けていただいた
横浜のno.555 architectural design officeさんに
お願いして、ウチらしく仕上げてもらいました。

もちろん、自主施工は今回も欠かせません。

職人技と言いますが、
職人の仕事の進め方こそ、仕事の在り方の基本だと
個人的には考えています。

道具の手入れから始まり、
現場をきれいに整え、計画を立てる。
そして、道具をすべて揃えて、
最も効率のいい作業方法で一気に作業に入る。
 
2時間集中→休憩→2時間集中→昼休憩
→2時間集中→休憩→2時間集中→終了

このように決められた時間でしっかり終わらせます。

 
終わったら、後片付けをきちんとして、
次の作業員が入った時に気持ちよく
作業に
移れるように現場を懇切丁寧に掃除します。
 
常に、先をイメージして、
最善を尽くします。
 
これぞ仕事だ!と思うわけです。
 
自分だけではどうにもならないものが多いですが、
誰かの手を借りるという前提に立ったら、
やはり、基本的な能力を自助努力で伸ばし、
チームの一員として役割を果たせるようになること。

そうすると未来をイメージして、
段取りよく仕事を進めるようになります。

こうなると正直どんな会社、
どんな社会でも通用するジンザイになると思います。
 
経験上、国内外問わずこれは紛れもない事実です。
 
独りよがりにならないようにしっかりチームを見据えて
仕事をしていくために「職人技」をマスターしたいものです。